読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

off the ball

tal9blog

【J1】150307_ガンバ大阪vsFC東京@万博

セルフジャッジ&誤審の合わせ技による前半ATの失点、後半早々のPKと昨年後半であれば完全に負けパターン。アウェイ参戦予定も雨予報ということでチケット握りしめTV観戦していましたが「正直行かなくて良かった・・・」などと思ってしまいました(ゴメンナサイ)。

 そんな劣勢の中でも、チームは戦う意思を全く失ってはいませんでした。その先陣となったのはJ2武者修行から帰ってきた林。トップ下の河野に替えてFWとして投入されると、前線から積極果敢なチェイシングを敢行、GK東口へのボールをカットしたあたりからチームの雰囲気が大きく変わったように感じます(その後、カメラが林の姿を抜いた時にはその眼光の鋭さに正直しびれました!)。

 2-2の引き分けに持ち込めたのは、第三者的には武藤さまさまといったところでしょう。同い年である宇佐美との対比もあり、Jリーグ関係者も喜んでるはずです。しかし、個人的に好感したのは前述した林、そして後半開始から投入された丸山といったJ2武者修行組の活躍。そして彼らを躊躇なく投入したマッシモ監督の采配を改めて評価したいと思います!


【J1採点&寸評】G大阪×FC東京|武藤が殊勲の2ゴール! | サッカーダイジェストWeb

 東の6.5は納得いかんw