読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

off the ball

tal9blog

気持ちの持ち方

Jリーグのチャンピオンシップは年間勝点1位の広島が、見事1勝1分で年間チャンピオンの座に輝いた。

さて、その準決勝で解説の岡ちゃんの「勝負に臨む際の気持ちの持ち方について」のコメントが印象的だったので、ここに記しておきたい。以下はその意訳。

------------------------------------------------------------------------
「何くそ」「負けたくない」というブラックパワーは短期的には効く。しかし、体を固くするというデメリットもある。
勝ち続けるためには「勝ちたいんだ」「勝つのが好きなんだ」というポジティブパワーを持つことが重要。
------------------------------------------------------------------------

ここからは自分の話。今年の夏は自分の部署から、従来のエースプレイヤーがいろーんな理由により、他部署へと異動となった。「●さんがいなくなったから、と言わせないようにしよう」というのがマネージャーとの合言葉になっていた。まさしく、ブラックパワーであるwそれから半年近く、気が付くと●さんに対する対抗心のようなものは目の前から消え去っていた。岡ちゃんのコメントを聞いて久々に思いだしたくらい。

おかげさまで近頃の自分の仕事は、高く評価してもらってるみたいだ。自分が最近考えていることといえば「なすべきことは何か?」ということだけ。●さんに対抗しようなどと肩肘はらず、自分にとって当たり前の仕事を淡々とこなしてるだけ。それを評価してもらってるってことは実にラッキーなこと。伊丹敬之さんは『経営を見る眼』の中で、「当たり前スタンダード」という言葉を使っていたけど、自分の当たり前の方向性が会社・組織・チームのそれと同期度合いが大きいというのは、極めてラッキーなことだと思う。

・・・まとまらない文章だけど、これにて終わりにw